【決定版】イギリスのおすすめニキビ薬5選【徹底比較】

イギリス日常生活

みなさんこんにちは、ロンドン駐在妻のPokoです。

イギリスに来てから、肌が荒れやすくなったり、ニキビが出来やすくなった…

海外生活を始めて、肌が荒れてしまった、ニキビが出来やすくなってしまった、そんな方も多いのではないのでしょうか?

イギリスでは日本より効果の出やすい(成分の強い)ニキビ薬が手軽に手に入るので、一度試してみるのもおすすめです。

また、普段はそんなに出来ないという方も、ニキビ薬が1本お家に置いてあると安心ですよね。

そこで今回はイギリスで手に入る、おすすめのニキビ薬を5つに絞ってランキング形式でご紹介していきます!

今回ご紹介する内容は、個人の主観に基づいています。
お肌の状態も人それぞれ異なると思うので、参考までに見ていただけると嬉しいです。


🇬🇧イギリスのおすすめシャンプーはこちらの記事をどうぞ!↓

海外生活で肌が荒れる?

海外生活で、肌が荒れてしまった、ニキビが出来てしまった、そんなお話をよく効きます。

そもそも海外生活でお肌が荒れてしまう原因として、どんな物があるのでしょうか?

肌荒れの要因
  • 環境の変化によるストレス
  • 食生活の変化
  • 水の変化(硬水)
  • 空気の乾燥
  • 化粧品やシャンプーなど、使っているスキンケア用品の変化

様々な原因がありますね。

中でも硬水の成分は石鹸の成分と化学反応を起こし、石鹸カスとなり、毛穴に詰まって肌荒れを起こしてしまうと言われています。

私も今はもう出来なくなりましたが、渡英したばかりの頃は環境の変化からか、ニキビが出来やすくなった時期がありました。

そんな私が試した、おすすめのニキビ薬を5つに絞って、効果の強さをランキング形式にしてご紹介します!

おすすめニキビ治療薬5選

5位:Sudocrem
2

価格:£2.55(125g) / 購入場所:各ドラッグストア、スーパー、Amazon.ukなど

こちらは赤ちゃんのオムツかぶれなどに使う事が多いクリームですが、大人の発疹、擦り傷、ニキビなど肌トラブルに幅広く使う事が出来ます。

イギリスではとてもメジャーなクリームで、日本で言うところの「オロナイン軟膏」的な位置付けでしょうか。

色々な薬局やスーパーでも取り扱っているので手に入りやすいですが、基本的にはベビー用品売り場に売っているので、そちらを探してみて下さいね。

テクスチャー・使用感

テクスチャーはかなりこってりしたクリーム状で、肌に馴染むというよりもそのまま白く残る感じなので、夜のみの使用がおすすめです。

NIVEAクリームよりももっともったりした感じ。
特に刺激はなく、保湿クリームとしても使えそうなしっとり感です。

効果

ニキビによく効く!とイギリス人の間でも美容目的で購入する方が増えていると聞いて試してみましたが、私は効果はあまり感じられず。

軽度のニキビの方は効果が感じられるかもしれません。

たっぷり量が入っていてお値段もお手頃、しばらく使ってもなかなかなくならないので、とってもコスパは良いと思います。

ベビーケア用品で安心感があるので、まずは何か試してみたい!という方にはおすすめです。

4位:Neutrogena / Clear&Defend rapid gel
3

価格:£5.25(125g) / 購入場所:各ドラッグストア、Amazon.uk

ニキビ薬を調べていると、高確率で登場するのがこちらのNeutrogenaのClear&Defend rapid gel。

小さめのチューブに入っているのでそこまで量はないですが、色々なドラッグストアで手に入るので、購入しやすいと思います。

テクスチャー・使用感

テクスチャーはかなりさらっとしたジェルで、するっと顔に広がります。
少しスースーする感じはありますが、そこまで刺激は感じませんでした。

効果

軽度のニキビには効果がありました。

刺激も強すぎる事もなく、日本人の肌でも比較的使いやすいジェルだと思います。

それなりに効果があるニキビ薬で、安心感のある物、と言われたらこちらをおすすめします。

3位:V55 Salicylic Acid Cream
3

価格:£16.99(50ml) / 購入場所:Amazon.uk

こちらはサリチル酸配合のクリーム。

サリチル酸自体に殺菌作用があるのに加え、余分な角質を取り除き、毛穴詰まりを防ぐことでニキビを治療していきます。

一般的なドラッグストアでは見た事がなく、Amazon.ukで購入可能です。
Amazonの口コミも良く、こちらのブログでも紹介されていたので気になっていました。

テクスチャー・使用感

テクスチャーはクリームという程もったりはしておらず、ジェルとクリームの間という感じ。

「Acid Cream」と言うだけあって、塗った後は少しヒリヒリ感がありましたが、少しするとおさまりました。(肌はそこまで弱い方ではないと思います)

Acid系のクリームっぽい、独特の香りがします。

効果

こちらはそこそこ効果がありました!

酸で角質を除去している(ピーリングしている)感じになるので、少しつるっと感が出て、ニキビが少し落ち着く感じがします。

ただ、多少刺激があるのでお肌が弱い方はお気をつけ下さい。
少量で狭い範囲から試されるのが良いと思います。

2位:ACNECIDE / Face 5% w/w Gel
4

価格:£8(15g) / 購入場所:各ドラッグストア

こちらは普通に処方箋なしで薬局で購入出来るニキビ薬ですが、成分的にはいわゆる日本のニキビの処方薬「べピオゲル」に近いもの。

日本のべピオゲルよりも過酸化ベンゾイル(角質を剥がれやすくする成分)が強くなっており、日本は25g配合ですが、こちらは50g配合されています。

アクネ菌への抗菌作用と、角層が剥がれやすくなる作用があるので、赤ニキビだけでなく、白ニキビなどにも幅広く効果があると言われています。

テクスチャー・使用感

緩めのジェル状のクリームで、かなり伸びが良い感じ。

過酸化ベンゾイルが角質を剥がす作用があるので、使い始めた後少し乾燥しましたが、1週間程で落ち着きました。

効果

とてもよく効きました!
確かに炎症系のニキビにも、白ニキビにも効果がある様に感じました。

抗生物質が入っておらず耐性菌が現れる事もないので、ニキビが出来た時の常備薬として常に家に置いてあります。

・ピーリング系の薬なので肌に刺激があります、敏感肌の方はご注意ください。
・漂白作用があるので、髪や衣類に付着しない様に気をつける必要があります。
・紫外線も浴びない方が良いので、夜の使用がおすすめです。

日本では処方薬扱いのお薬に近いものなので、べピオゲルの使い方ガイド(日本語)をしっかり確認した上での使用をおすすめします!

こちらのブログで紹介されている内容も参考にさせていただきました。
ありがとうございます!

1位:Stiefel / Duac
5

価格:£9(30g) / 購入場所:GPで処方

第一位は、イギリスのかかりつけ医的存在、GPで処方してもらった処方薬「Duac」です。
とにかく効きます!!

日本の処方薬「デュアック配合ゲル」とほぼ同じ成分ですが、過酸化ベンゾイル(角質を剥がれやすくする成分)の配合量が異なり、日本は30g配合に比べ、こちらは50g配合されています。

第2位で紹介したACNECIDEより、更にクリダマイシンと言う抗菌薬が10g配合されているので、より赤ニキビに効きやすくなっています。

テクスチャー

テクスチャーはジェル状で、伸びが良い感じ。
塗ったそばからヒリヒリする、と言う感じはしませんでした。

こちらも過酸化ベンゾイルが角質を剥がす作用があるので、使い始めた後患部が乾燥しましたが、1週間程で落ち着きました。

使用感

とにかくよく効きました!さすが処方薬。

綺麗にニキビはなくなり、ピーリング作用でお肌もツルツルに。
日本より成分の強い薬ですが、何かあれば医師に相談出来ますし、安心感があります。

ただ、抗生物質が入っていて長期間使用すると耐性菌が現れる事があるので、長期使用向きではありません。
一旦この薬で、短期間で綺麗にする使い方が向いていると思います。

やはり、ニキビにお悩みの方は医師に相談するのが一番。

私はコロナ前だったのでGPに通院して処方してもらっていましたが、今はオンライン診療をしているGPも多いので、お家から医師に診察してもらう事も出来ますよ。

・漂白作用があるので、髪や衣類に付着しない様に気をつける必要があります。
・冷蔵庫での保管が勧められています。
・紫外線も浴びない方が良いので、夜の使用がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事をまとめると下記の通りです。

今回の記事のまとめ
  • 海外で生活を始めて、肌荒れに悩む方も多い!
  • おすすめニキビ薬は、Sudocrem、Clear&Defend rapid gel、V55 Salicylic Acid Cream、ACNECIDE、Duac!

肌荒れにお悩みの方の、お役に立てれば幸いです。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

 

🇬🇧イギリスの日常生活はこちらから!   Instagram Twitter
🇬🇧ブログ村も参加中!1日1回ポチッと応援お願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へにほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました