【海外引越し!】駐在に向けてやるべき34のこと【海外転勤やる事リスト】

渡航準備

みなさんこんにちは、ロンドン駐在妻のPokoです。

海外転勤が決まった!
けど、渡航に向けての準備何から始めれば良いんだろう…?

突然の海外転勤、どんな事から準備を始めれば良いのか分からないですよね。

そこで今回は渡航に向けて準備するべき34のことを一覧でご紹介したいと思います。
さあいよいよ海外引越しに向けて準備スタートです!


🇬🇧渡航と同時に結婚される方は、こちらの記事もどうぞ↓

渡航前にやること

赴任が決まったらすぐにやり始めた方が良いことと、順次やって行くことに分けて紹介していきます。

すぐにやり始めた方が良い事

まずは赴任が決まったらすぐにやり始めた方が良い事から、紹介します。

1. VISA申請

渡英に向けて、VISAの申請を行います。
駐在・駐在妻のほとんどの方は会社が主導となって手続きを進めてくれるかと思います。

説明会等を開いてくれる会社もある様なので、問い合わせてみましょう。

2. 航空券手配

赴任の際の航空券を手配します。
会社がやってくれる場合もありますので、問い合わせてみましょう。

3. 引越し準備

これが本当に大変です!荷物は事前にある程度分類していきましょう。

荷物の分類
  • 自分が手で運んで行くもの
  • 航空便で送るもの
  • 船便で送るもの
  • 廃棄するもの
  • 人にあげるもの
  • 貸し倉庫や実家に預けて行くもの

船便は時間がかかるので1番先に発送し、その後航空便を発送、最後に残った荷物と共に渡英しました。

手荷物で荷物を運ぶコツはこちらの記事も参考にしてください。

4. 歯科受診

海外の歯科事情は大きく違います。
保険でのカバーの範囲も様々ですので、事前に確認し可能な限り日本で受診していくのがおすすめです。

私は残っていた親知らずは全て抜歯し、虫歯も全て治療してから渡英しました。

すべて治療するのに時間がかかる場合があるので、早めに始める事がオススメです。

5. 健康診断

私の主人の会社では渡航前に健康診断を受ける事になっていたので、私も一緒に受けていきました。
診断結果が出るまで時間がかかるので早めに予約しましょう。

6. 日本の住宅の方針を決める

賃貸の方は退去の旨を早めに伝えます。
持ち家の方は処分するか、賃貸するか、など方針を決め、必要な手続きを取りましょう。

7. 子供の赴任先の学校探し

日本の学校の転校手続きや赴任先の学校探しなどを始めましょう。

順次やり始めた方が良いこと

次に、渡航に向けて順次準備を始めた方が良いことを紹介します。

8. 渡航先で使う携帯電話の手配

イギリスに渡ってから向こうで使用する携帯電話をどうするか、事前に検討しておきましょう。

9. 車の処分

車をお持ちの方は廃棄や譲渡など決めておきましょう。

10. 現地でのお金や、銀行どうするか?

向こうでの生活のお金についてどうするか、家族間で相談しておきましょう。
事前にこちらで用意して行くものがあれば、用意します。

11. 現地での住宅探し

周りの駐在員のお話を聞いていると、都英後は一旦会社指定の仮アパートの様なところで滞在し、その間に住居を探すパターンが多いです。

イギリスに引っ越されてからも探すことも出来ますが、事前に現地の住宅事情や住みたい地域など調べておくと良いと思います。

12. 渡航直前の滞在先確保

日本で住んでいた家を出た後、渡航日当日までの間はホテルなどに滞在する方も多いかと思いますので、ホテルなどの宿泊先を予約しておきましょう。

13. 英語の勉強をする/英会話学校に通う

イギリス生活を充実したものにする為、ある程度の英語力を身につけておきましょう!
会社によっては帯同者の英語学習をサポートしてくれるところもある様なので、確認してみてください。

イギリスでの語学学校情報や、日本から持ってきて良かった英語学習本などはこちらの記事もご参考ください。

14. 予防接種を受ける

国によって追加で必要な予防接種があれば受けておきましょう。
私は特になかったので予防接種は受けませんでした。

15. 住民税の支払い

住民税は、前年(1/1~12/31)の所得に対して、1月1日に住んでいる市区町村で課税されることになっているため、年の途中で海外へ引っ越しをした場合でも、その年の住民税は引っ越す前の市区町村に支払う必要があります。

今まで自分で納めていて、帯同のタイミングで勤めていた会社を退職した方は、今までの様に給料天引きは出来ません。

自分で一括で納めるか分割して口座振替にするかが必要になります。
場合によっては納税管理人を選出する必要もあるので、市役所等に確認してみましょう。

16. 断捨離す

不用品は回収業者に依頼したり、友達に受け渡したり、粗大ゴミ回収を依頼したり、必要のないものはこれを機にどんどん断捨離していきましょう!

地域によっては粗大ゴミの回収に予約が必要だったり、1回の回収量に制限があったりしますので、事前に確認し早めに処分を始めましょう。

17. 海外生活で必要な物の買い出し

どんなものが現地で手に入って、どんなものが手に入らないのか、持って行くものを事前に調査し必要なものを買い出しに行きましょう!

イギリスの日本食材店でどんな物が手に入るのかは、各日系スーパーのオンラインで確認する事が可能です。

18. クレジットカードや銀行口座など不要なもの解約

これを機に、クレジットカードや銀行口座など使っていなかったものなどがあれば解約し、スリム化してから渡英する事をオススメします。
無駄な年会費等は発生しない様にしたいですね!

19. 各種サービスの解約

私は日本で加入していたAmazon Primeや使っていなかったセコムなどのサービスは早めに解約しておきました。
渡航直前はバタバタするので、出来るところから早めにやるのがおすすめです。

20. 習い事の解約

何か習い事をされている方は無駄なレッスン代が発生しない様に事前に解約出来る日を確認し、解約しておきましょう。

21. 国際免許証を取りに行く

必要な方は取りに行きましょう!
私は運転するか分からなかったですが、一応取得していきました。

22. かかりつけ医などで常備薬をもらう

常備薬などある方は多めにもらっておきましょう。
英文診断書など必要な方は事前に相談しておきましょう。

23. 郵便転送サービス

1年間指定の住所へ転送してくれるサービスで、日本郵便のHPからインターネットでも簡単に申請出来ます。
駐在の方はどちらかの実家に設定される方が多いかと思います。

24. 海外赴任前サービスやマイレージ入会

赴任や一時帰国などで飛行機に乗る事が増えるので、これを機にマイレージサービスに入会するのもおすすめです。

また、JALやANAは海外の赴任の際に使う事の出来る「海外赴任前サービス」を用意してくれています。
これはとてもお得なサービスなので、事前に登録しておきましょう!

25. 電気やガス水道、インターネットなどライフラインの解約の手続きを確認しておく

渡航時には、通常の引っ越しと同じ様に停止手続きをする必要があります。

停止作業の立会いが必要な場合や、Wifiのルーターの返却が必要な場合などもあるので、解約についての手続きを事前に確認しておきましょう。

26. 日本の携帯電話をどうするか決めておく

日本の携帯電話を解約して渡航する場合は、解約手続きをどのタイミングでやるのか事前に決めておきましょう。

また、各社様々ですが、有料で電話番号をキープしておくサービスもありますので、日本に戻って来た時の為に番号を残しておきたい方はそういったサービスも検討されると良いかと思います。

27. 会いたい人に会う!食べたいものを食べる!行きたいところに行く!

これが1番大切です。
会いたい友達や家族に会い、悔いのない様に美味しい物を食べて渡航されるのをおすすめします!

渡航直前にやること

次は、渡航1週間前くらいからやり始めていくことを紹介します。
ここまで来ればあともう一息です!

28. インターネット解約

住んでいたお家でインターネットを契約していた方は、実際に解約手続きをします。

29. 携帯電話解約

日本の携帯電話を解約する方は、実際に解約手続きをしましょう。

出国直前に空港の携帯電話会社のカウンターでも解約手続きは出来るそうですが、私は事前に街中のショップで解約し、出国までの数日は旅行者用のSIMカードで過ごしていました。

30. 住民票を抜く

市役所で住民票を抜く手続きをします。
(※住民票を残しておく事も出来ますが、年金・保険や税金の支払い義務が発生する為、ほとんどの駐在員は抜いて来ている印象です)

マイナンバーカードも一時停止してもらいます。

31. NHKの解約

海外転居の旨を伝え、解約してもらいましょう。

32. 電気、ガス、水道の解約

通常の引っ越しと同じ様に停止手続きをしてもらいます。

(おまけ)退職後やること

海外赴任に伴い勤めていた会社を退職される方は、下記の手続きが必要になる場合があります。

33. 主人の会社の扶養に入る手続き

退職に伴い、主人の会社の健康保険及び社会保険の扶養に入る手続きを行います。
それぞれのご主人の会社の担当の方が窓口になってくれると思うので、詳細はご確認くださいね。

34. 失業保険受給延長手続き

帯同と一緒に勤めていた会社を退職した場合、必要な方は失業保険の受給延長手続きをする事が出来ます。
管轄のハローワークで行いますので、必要書類などは、管轄のハローワークにご確認ください。

おわりに

いかがでしたか?

やることが沢山あり渡航前はかなりバタバタしますが、ひとつひとつ取り組んでいけば大丈夫です!

ここまで全て終わったら、あとは楽しいイギリス生活を思い描いて、渡航までの数日はホテルでゆっくり過ごしましょう。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

 

🇬🇧イギリスの日常生活はこちらから!   Instagram Twitter
🇬🇧ブログ村も参加中!1日1回ポチッと応援お願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へにほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へにほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました